スポンサーサイト

  • 2009.06.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まーかーべー

お久しぶりです(′ω`)
ついに真壁のバトラーエンド
とったどー(`・ω・)←

服はあえてのウォルフチョイス←
「本心は違うのよ!」と言いながら様々なKY発言を泣きながら選んで(←どんだけ)
やっとデートアプリに辿り着いた(´;ω;`)ブワッ
久々にレポでもしようかなって思います。


皆様のサイトにお伺い出来ずスミマセン(¨;)
実は…
私が失踪していた期間を埋めるべく
必死に過去ログ確認しております(笑)
話についていかないと…と言う理由です(笑)
今しばらくお待ちくだされ(;ω;`メ)

あわわわわ

GWもおわり、なんだかダルい日が続くと思ったら五月病の診断を受けたゆゆまるです。
五月病て、初めて(*〃ω〃)ポッ←


さて、サイト様を覗かせていただきましたが…
すっかり浦島太郎です。
玉手箱が欲しいです。
ひと月分の放置はdangerですね(′ω`)
全くついていけまてん(´;ω;`)ブワッ
誰かワタシにひと月分の記憶をください←
誰かワタシにひと月分の報告をください←
誰かワタシをかまってください←え


そう言えば。わたくしのゲーム状況は、
今日であの山科晶をシークレットで攻略した感じです。
晶しゃん…(′ω`)
デートアプリをやるべく、次はマッカベーのバトラーを狙おうかと。
ツンツン激ツンで真壁に立ち向かおうと思いまーす( ・_・)σ゛ツンツン

ご無沙汰してしまいました

すっかり放置しておりましたゆゆまるでございます(´;ω;`)スミマセン
みなさん、お元気でしたでしょうか?
私はなんとかやっております

実は親しくしていた友人に不幸がありまして…勝手ながら放置させていただいておりました。
今はなんとか落ち着きも取り戻し、普通の日常を送っております(′ω`)
遊びにきて下さってる皆さんに何も言わず、急にお休みをしてしまってスミマセン。
これからはlow paceになりますが更新していこうと思います。
大木レポが途中なのに申し訳ないのですが…
まとめてた分がゴチャゴチャになってしまい;ω;`メ)
しまいに今は山科パートになってしまってるので
気が向いた時に山科レポを上げようかという(′ω`)
…はい。ものぐさですみませんです(´;ω;`)ブワッ
これからGWに入りますネー(ノ*´∀)人(∀`*ヽ)ネー
GW明けにはまた更新出来るかと思います!
各ブログ様には、後日改めてごあいさつに伺います。
こんなわたくしですが、何卒これからもよろしくお願い致します。



ゆゆまる

プレゼントいただきましたヾ(・∀・嬉)/

「4月の雨」のつぐみさんより、山科晶さんのSSをプレゼントしていただきましたヾ(・∀・嬉)/
すごく素敵なお話にしてくださって…
恐悦至極ですpq。・ω)
どうもありがとうございます☆
つぐみさん作のSSはこちらから



さて、ワタクシ、ぴよの看病をしていたはずが大失態。
私が風邪を引くってゆー(・ω・`)
アホです。アホと呼んで下さい。
今日からゆゆまる改めアホまるで←
熱はないのですが咳が苦しくてorz
今、職場復帰しようかと思っていて、いろいろ忙しくなってきてるので早く治したいです。
これから更新がなかなかできなくなると思いますが‥
ちょこちょこ時間を見つけつつやっていきたいと思うので、みなさんこれからもゆゆまるをよろしくお願いします。

ゆゆぴよ看病日記

.C.日常
▼ここから本文を書く▼
 
こんばんはヾ(・∀・嬉)/
ぴよのことでは、ご心配ありがとうございますb。・Д)b
なんとか食欲は出て来たので安心しております♪
ただ、私が起きてる時間が40時間を軽く超えているので若干狂っておりますwww
今日も日中の眠気を葬るためコーヒーをがぶ飲みした結果、目が冴えて眠れないという最悪の事態なので、これは一人酒でALLするしかないやないかーいtmm_i1086.gif← 
…失礼(¨;)ww
中学生の頃からの不眠症なので眠れないのはいつものことです。
全く気にしてませんww
明後日にはレポなど上げれると思います(`・ω・)

コメントお返事&更新お休みのお知らせ

今日、うちのぴよが熱を出しまして。
看病に追われると思うので
ぴよが回復するまで更新はお休みします(´;ω;`)ブワッ
ごめんなさい…emojiF_01_076.gif
サイト様巡りは多分できると思うので!!
 
 
この後は大変遅くなりましたがコメントお返事ですヾ(・∀・嬉)/
 
 
 
━━悶え死んだ六花様━━
コメントお返事遅くなりまして本当にスミマセン(¨;)
ザオリク、ザオリク(゜Å゜)!!!!!!!!!!!
真壁短編を気に入って頂けて嬉しいです♪
本編では主人公が高校生なので、社会人になったお嬢様を書くのは楽しかったですヾ(・∀・嬉)/こんなお話でよければまたリクエストいただければ書きますので(ノ∀`)家宝なんて\xAD凜陸ぁ\xA6)+.まさに恐悦至極ですwww
 
 
 
━━危うく呼吸困難になりそうになったナナコ様━━
コメントお返事遅くなりまして本当にスミマセン(¨;)
うわあ(゜Å゜)!!!!!!!!!!!今すぐ樫原さんに人工呼吸してもらえるように手配いたします(・∀・)ニヤリww
こんな強引なプロポーズされてみたい!っていう私の願望から生まれた作品なんですよwwやっぱり一生に一度なのでいろいろ妄想は尽きません(ノ∀`)ぷ
今度は違うキャラでプロポーズ大作戦してみたいと思いますヾ(・∀・嬉)/
 
 
 
━━ザオリクかけなきゃと思った末様━━
コメントお返事遅くなりまして本当にスミマセン(¨;)
真壁のあまーいプロポーズにコメントありがとうございますヾ(・∀・嬉)/プロポーズて一生に一度だし、完全に私の願望丸出しでしたが…www真壁ならきっとこんな感じがすると思って(ノ∀`)他のキャラでもいろいろ考えているのでまたUPします♪
 
 
 
━━ヒロインの中で怖い人認定のプロポーズ真壁にメロメロなつぐみ様━━
名前が大変なことにwww
コメントお返事遅くなりまして本当にスミマセン(¨;)
そしてたくさんのコメントありがとうございますヾ(・∀・嬉)/
どうぞ、真壁のほっぺたをつんつんしてやってください( ^▽^)σ)~O~)www
八割が私の夢見るプロポーズなんですが←
なんか真壁ならこんな感じな気がして(・∀・)次の真壁はつぐみさんのお名前をお借りして作りますね☆
大木レポですが、日に日に大胆になってく主人公と大木に私はやられっぱなしです(¨;)wwお揃いの服はきっと彼ならやってくれる気がしますよね!!www「やっぱりお嬢さんとお似合いに見られたいですから」とか言いながらww
私も晶さんのシナリオを早くやりたくてあまり入り込めない気がするな〜と思いながら始めたのですが…大木のポイントが上がってきてますwww

大木9日目

.C.執恋レポ
遅くなりまして本当にスミマセン(¨;)
続けて大木レポいきます。
 
 
 
 
━━━大木9日目━━━
 
 
「お嬢さま。そろそろ行きましょうか」
 
『うん、そうね』
 
隆也くんにそう言われて、あたしは部屋のソファから立ちあがった。
 
『ドレスか……』
 
何となくそうつぶやいたら、隆也くんが不思議そうな顔をした。
 
「?どうしました」
 
『ううん。どうかしたわけじゃないんだけどね』
 
あたしは笑って首を振った。
 
『姉さんがお式と結婚披露パーティーで、ウェディングドレスだけじゃなくていっぱい着飾るのはわかってるの』
『パーティーに出るあたしも、ドレスを着なくちゃ、ってのもわかってる』
 
「ですよ。今日試着して、ある程度は決めてもらわないといけないんですから」「それで、本番の時にちゃんとドレスを着てもらうようにと、オレ、樫原さんたちに念を押されてるんですよ」
 
『あははっ。はいはい、忘れないようにします』
 
また真壁さんあたりに、にらまれたんだろうなあ。
 
 
 
主人公の中で真壁はどんだけ怖い人になってるんだろう…(′ω`)
 
お互いタマゴだから慣れないことばかりで大変だよねと主人公。
ドレスがイヤなのか?と不思議そうな大木。
おっと、ここで選択
・堅苦しいかな
・背伸びしてるかも
・あたしらしくない
 
ここは堅苦しい服装の話だったし…
大木は動きやすい服装が好きとか言ってたし…
ここは『あたしらしくない』にしてみるか。
…やったヾ(・∀・嬉)/キラキラww
割と外さないで今まできてる自分がすごいww
もしかしたら大木がいちばん相性いいのかも(′ω`)www
 
 
そして主人公たちはサロンへ
 
 
お姉さんのドレス姿を貴婦人て感じとべた褒めの主人公。
…私、貴婦人といわれるとデ○ィ夫人をなぜか思い出すな←
 
 
 
『昔の映画に出てくる女優さんみたいよ、姉さん。ちょっとレトロで、すごくいい雰囲気』
 
樫原「さようでございますね。本当にそのドレスは、奥さまによくお映りになります」
 
姉さんのそばにいた樫原さんが、頷いた。
 
 
 
はい、皆さん。いつものいきますか。
せーの…
私も褒めて樫原さーん(・∀・)
 
 
 
樫原「印象派の絵画のようでございます。お美しくていらっしゃいます」
樫原「貴族的な装いでございますし、九条院家の奥さまとして、とてもふさわしいお召し物かと」
 
 
 
…なんか私が照れたんですけど(′ω`)←
 
おっと、どうやら主人公もドレス選びみたいですね。
しばらくして、主人公が選んできたドレスを御披露目しております(*´・_っ・`)
 
ドレスダウンしたらカワイイとお姉さんにも評判みたいですね。
一方、大木は…
赤面しておりましたwww
 
 
 
部屋に戻って。さっきのドレスにブーツを履いてドレスダウンしたいと主人公。
 
やっぱりここで選択きましたw
・かわいいから
・歩きやすいもの
・あたしらしいから
 
ここは迷わずいけよ!アリガトー!(猪○風)
『あたしらしいから』にしてキラキラありましたヾ(・∀・嬉)/
…ふっふっふ(`・ω・)
私には何でもお見通しだ←誰
 
すると大木、
 
 
 
「ブーツのお嬢さんの横だったら、オレは執事じゃなくて」
「オレもスーツをブーツでカジュアルダウンとかして、こう、お揃いっぽく……」
 
『え?』
 
お揃い……?
 
「……あ」
「し……失礼しました」
 
『し、失礼じゃないわよ!』
 
「……え?」
 
『あたしも、お揃いっていいなって思ったもの……』
 
 
 
え(oдO;)!!
待って待って!
何その不意打ち!
大木、ずるいよ(´;ω;`)ブワッ
お揃いなんて…
しかもそんな顔で言われたら…
悶えるじゃないかー(o`・д・)o
 
…誰か…ザオリクを…
かはっ………
ちーん。image0009.gif



大木8日目

なにやら執恋サイトでは新しい機能が出来たみたいですね。
その名もファストパス!
友達を紹介するごとにファストパス5枚
ファストパス1枚でプレイ制限を1回解除することができるみたいです。
なんて素晴らしい機能なんだーb。・Д)b
誰か紹介できるかなヾ(・∀・嬉)/

さて、レポいきます。


━━大木8日目━━




うーん……。
一度はお休みなさいを言って、ベッドに入ったんだけど。
なんだか寝つけなくって、あたしは起き出してしまった。
ちょっと、散歩でもしようかな。
何回かノックをしたんだけど、隣の隆也くんの部屋からは返事がなかった。
もう寝ちゃったのかな。
お風呂とかかも。

(お風呂……)

か……考えないようにしようっと。



な(゜Å゜)!!!!!!!!!!!
何を考えてるんですか(゜д゜)



どおやらお屋敷を探索することに。
地下に行って何か白い物体を見つけます。
…やめてよー(ノД`)
そおゆうの弱いんだから←


ここで選択
・引き返す
・やっぱり進む
・隆也くんにメールする

ここは間違く『隆也くんにメール』!!
早く誰でもいいからきてほしい←



やっぱり一人だと探険ごっこもあんまり盛り上がらないな……。
あれからちょっとたってるし。
隆也くんにメール入れたら、来てくれるかな。
そう思ったときだった。

かたん……。

(えっ……!)

どこかで奇妙な物音がして、あたしはびくっとしてしまった。
な……なんだろう、今の。
きょろきょろとあたりを見回す。
(こっちの……ほうから聞こえてきたような……)
そうっと、今まで以上に足音を忍ばせて、音のしたほうへ近寄ってみる。
あのドア……ちょっとだけあいてる。
あの中、かな?
そうっと、ドアの隙間から中をのぞいてみる。

(っ………!)

ふわっ、と。
何か白いものが……動いた。



い、いやー(´;ω;`)ブワッ
誰か、誰か助けてよー(ノД`)
ホントにこの系統は苦手なんだってばー!



━━執事が見る景色━━

樫原「というわけで、明日は」

定例の会議はそろそろ終わりで、樫原さんがまとめに入ってた。
といってもとくにいつもと違うことがあるわけでもない。
旦那さまの帰りがちょっと遅くなるかもしれない、そのくらいで。
こないだのオブジェの件の事後報告があって、ちょっと長引いたけど、そろそろ解散だ。
その時だった。

??「――――――!!!」

遠くで、何かが聞こえた。

樫原「ん?なんだ、今のは」

中岡「なんでしょう。……ネズミでも出ましたかね?」

樫原さんと中岡さんが顔を見合わせて首を傾げる。
でも、オレにはわかった。

中岡「あ、おい……大木?」

オレは、部屋を飛び出した。



さすが大木!
愛の力??ww



━━あたしが見る景色━━

「お嬢さんっ!」

叫び声とともに、隆也くんが飛び込んできた。

「どうしました!」

『あ……』

声と同時に隆也くんがあたしの腕をつかんで。
あたしは隆也くんの背中にしがみついた。

『な、何か……いるの!』

「何か……?……誰だ!」

部屋の奥の暗がりに、隆也くんが鋭い声を投げる。
かたん……。
また、音がした。
あたしはいっそうぎゅっと隆也くんの服の背中をつかむ。
あたしをかばって隆也くんが後ろへ回した手が、やさしく、あたしの腕をたたいた。
大丈夫ですよ、って言ってくれる手にすごくほっとする。



大木、私も落ち着かせて下さい(´;ω;`)ブワッ



??「あ、あの………」

『きゃっ!』

細い声がして、あたしはまた悲鳴をあげた。

「………なんだよ、おまえか」

『……え』

隆也くんが呆れたような声を出して、あたしはおそるおそる顔をあげる。
隆也くんの腕の影からそうっと向こう側を見ると、そこに立ってたのは瞬くんだった。



こぉ〜てぇ〜がぁ〜わぁ〜ヽ(*`Д´)ノ←
どうやらトランプを借りようとしたが、どこにあるかわからなくて。
そうこうしてたら悲鳴が聞こえるしで、怖くて隠れてたらしいww
それにしても怖かったんだから!←



『うぅ……恥ずかしかった』

「まったく、人騒がせなことしてくれますよ、瞬のやつ」

『瞬くんはわるくないよ』

急いで、首を振る。

「あたしが大げさに騒いだから」



多分私の方が大袈裟に騒ぎましたよっと←



「……とりあえず、お嬢さま」

『え?』

「次に、夜中に散歩に行くときは、気にしないでオレの携帯にメールでも電話でもくださいね」



釘さされてやんの←



「それに……」

『え?』

「せっかくそんなカワイイかっこしてるんですから」「呼んでくれなかったら、オレ見られなくて損するじゃないですか」



(゜Å゜)!!!!!!!!!!!
なんと大胆な(゜д゜)
いいの!?私、今バスローブなんだけど←



大木が部屋を出ていってから選択
・広い背中だったな
・かっこよかったな…
・こわかったな……

そこはラブを期待して『かっこよかったな』ですねb。・Д)b
ここで終了。


今回は私にすごくダメージを与えました(´;ω;`)ブワッ
ホントにホントに怖かったんだから←

更新予定

20090320135257.jpg
WBC、準決勝進出しましたねヾ(・∀・嬉)/
かなり燃えてましたwww
次はアメリカとなので今からすごく楽しみなゆゆまるです(ノ∀`)
 
 
さて、昨日更新する予定だったのに
夜中に友人から電話がきてそのまま寝てしまいましたan_i1287.gif
私としたことが…
適当でごめんなさい(¨;)
今日は必ず更新しますね!!
 
かなりマイペースなブログですが
これからもよろしくお願い致します。
 

短編進行状況

今日までに短編を仕上げたかったのですが思うように進まず(´;ω;`)ブワッ
まだ前半部分しか出来てないので明日以降になります。ごめんなさい(¨;)
夜にはコメントお返事と大木レポ二日分を上げますねヾ(・∀・嬉)/

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM